造船について

那覇港発着の1泊クルーズがメインなので近海の内航がベース。

 

チャーター利用や宿泊施設の少ない地域での大型イベント開催時の「ホテルシップ」としての利用なども想定して設計します。

 

日本は造船大国であり、環境対策等の技術水準も高いですが、貨物船などが中心であり客船建造のノウハウを持つ造船所が多くありません。多くの知識が集結する客船建造は、日本の海事クラスターの新たな成長に大きく寄与すると信じています。

 

可能ならば是非日本の造船会社で造りたいと考えています。

造船イメージ

費用イメージ

既存の世界の客船のうち、カジュアルな

(=低価格な)客船の建造費用の実態から、例えば5万~9万トンクラスの場合、200億円~300億円程度と算出されます。

客船建造費用グラフ

造船所

(検討中)

スケジュール

一般に造船会社への仕様書提示から引合まで少なくとも半年~1年。

その後発注からスティールカットを経て起工まで1年、進水まで1年、艤装・検査を経て引渡まで1年。

 

客船は「動くホテル」と言われますが、最近のホテル建築のトレンドは「ライフスタイル型」と呼ばれるシンプルなもの。客室部分や公室部分などはそうしたトレンドも応用しながら、同時に工期短縮・費用削減もできないかアイデアを出していきます。


デザインイメージ1

大規模な港湾設備のない離島へのクルーズを想定していますので、着岸ではなく、通船利用(乗り降り)がしやすく、かつマリンスポーツなどもしやすいようなデザインを求めていきます。

デザインイメージ2

機能面だけではなく、外観デザインそのものが元気の源になったり、コンセプトを伝えるようなものにできればいいだろうなと考えています。自由な発想を持ちたいものです。

デザインイメージ3

必ずしも船上にウォータースライダープールをもたなくても、海そのものを楽しむにはアイデアはいくらでもありそうです。